· 

後藤安結さん - メンバーインタビュー

登録ダンサー達へのインタビュー、今回は後藤安結さんです!

ぜひご覧ください♪

 

 

1)何歳からバレエをはじめましたか? 

4歳です。

 

2)はじめたきっかけ、理由はなんですか?

母も父もバレエ関係の仕事だったのですが、4歳の頃 急にバレエしたい。と自分から言い出したのがきっかけですす。

 

3)過去と現在で好きな理由が変化している場合はその変化についてもお聞きしたいです。

小学生の頃は踊るのが凄く楽しくて好きでしたが、今は楽しいだけでなく、音楽と一緒に表現したり個性を出して踊ったり、努力していくことが楽しかったりします。

 

4)バレエをしていて辛くなったこと、辛かったことはありますか?

大きくなるにつれ色んなことに気づき、素敵な方が沢山いる中で、自分のバレエをしていく上での条件が悪く落ち込むことはありましたが、バレエを辞めたいと思ったことは一度もありません。

 

5)海外と日本のバレエ環境や向き合い方の違いや感じたこと、それに対して自分自身が変えたこと。

海外と違い一般の方が観に来ることが少ないと感じたので、お友達やバレエを知らない方なども舞台があれば誘うようになりました。

 

6)あなたにとってバレエを踊るということはどういうことですか?

自分の1番好きな事です。

 

7)あなたの人としての魅力はなんですか?

辛いことや落ち込むことがあっても、プラスのことを直ぐに考えることです。

 

8)見ている方に見て頂きたい自分の踊りの見どころ

その演目ごとに変わる踊り方や表現、そして自分が良い条件をもった体ではないので、ターンなどで盛り上げたいという所も自分の見せ所でもあると思います。

 

9)JIBCに興味を持った理由はなんですか?

踊れる環境がほしいからです。

  

10)カザフスタン公演の想い出をお聞かせください!

カザフスタンで日本人だけのカンパニーが踊れたという事が一番の想い出です。

 

11)あなたが感じているJIBCの雰囲気を教えてください。

プロジェクトメンバーなので、その時の公演に向けて色々な所から、個性のある方達が集まっていて、短い期間で作り上げていくという環境の中で皆さんと練習していますが、良い雰囲気で過ごせています。

 

12)JIBCに期待していることはなんですか?

プロジェクトカンパニーではなく、カンパニーとして大きくなる事を期待しています。

 

13)これからどういうダンサーでありたいですか?

自分がバレエに携わっている限り、沢山の経験を積んで、素敵な、良い舞台を作り上げていけるようなダンサーの1人になりたいです。

 

 

後藤安結さんありがとうございました。  

今後のJapan International Balletでの活躍をぜひご期待ください!